家を買うベストなタイミング

マイホーム。

 

「お金が貯まってから?」、「30代か40代かどっちがいい?」など悩みを持つ人は少なくありません。

 

家を購入する時、多くの人は初めてのことばかりです。今回はマイホームの購入に最適なタイミングを中心にご紹介させて頂きます。

 

 

何歳で購入するのが理想的?

住宅の購入を支援する「住宅金融支援機構」。

 

そのデータによれば、メインは30代となっています。

 

30代が40%を占めており、残りの20%が40代、10%が20代となっていることがわかっています。

 

建売、一戸建て、マンションともに共通している数字です。

 

30代は仕事も安定してくる時期ですね。

 

将来に対して冷静な視点で物事を捉えられる年代だともいえます。平均からも見られるように30代に購入することが、ベストなタイミングといえるでしょう。

 

 

30代でも早めがおすすめ!

キャッシュで購入する人以外、ほとんどが住宅ローンを組んで家を買います。

 

このローンの審査に通過しやすいとされているのは「35歳」となっています。

 

・返済期間が最適

仕事には定年がありますね。その定年から計算して毎月の返済額を決定していきます。生活にゆとりを持って返済できる期間が35歳位から定年までが安定している時期です。35歳までにローンを申し込むことで、返済しやすく快適なライフスタイルを送れるでしょう。

 

 

毎月の返済以外に必要なお金は?

この点を知っておくことも大事なポイントですね。毎月の返済以外に、諸々必要です。
まず家を買う前に頭金を用意しておきましょう。全国の平均では、建売が300万円、一戸建てが600万円ほどとなっています。加えて、1年に1度支払いをしなければいけない税金もあります。

 

・固定資産税

家を購入する際、土地も一緒に購入することになります。その土地に課される税金を「固定資産税」といいます。毎年、資産の価格に応じて税金が課されます。

 

・都市計画税

市街化区域内に所在する土地に住んでいる場合、毎年徴収される税金です。東京都23区だと固定資産税の0.3%ほどです。郊外は0.20〜0.30%と幅があります。平均の金額は6,000〜16,000円。より良い都市を作るため、税金がかかります。

 

・金利

ほとんどの人がローンを組みますが、固定金利をつけて返済することが求められます。しかし、返済期間を短く変更することもできるので、それにより金利も変わってきます。

 

 

タイミングを見逃さず検討しましょう!

住宅金融支援機構ではフラット35という住宅ローンを扱っています。

 

フラット35には、病気になったときのサポートや、返済が厳しくなった場合の期間の変更など、手厚いサポートが整っています。住宅金融支援機構や、ハウスメーカーでは、返済をスムーズに行えるよう、様々な支援を設けています。

 

最近人気のローコスト住宅なんかは貯金が少なくても買いやすくて評判が良いです。

 

安心して、住宅を購入するタイミングを見つけていきましょう!

ページの先頭へ戻る